中津川市の和菓子といえば栗きんとんです。

…が、この季節はいちご大福です。
文字通り、大福の中にいちごを投入した大胆な和菓子
旬のものを使うためか、1月中旬くらいから春にかけてしか出回りません
個人的に冬はこれを食べないと春を迎えられない。

…ので、買ってきました!

今回は中津川市市役所近くにある栗菓匠 七福さん
「全国区じゃないけど地元じゃ有名」のキャッチコピーで有名な七福さんです。
もちろん栗きんとんなどの和菓子もありますが、今回はいちご大福へ一直線。

お店には4種類のいちご大福が並んでいます
左からスタンダードないちご大福、苺生クリーム大福、苺ショートケーキ大福、ふるーつ大福。
栗きんとんと同じように…と言いたいのですが、いちご大福の場合クリームかカスタードかでまた違うので栗きんとん以上にお店の個性が分かれます。
しかもお店の中でもこうして数種類あるのでとても迷うやつ。

今回は「今年最初のいちご大福だしとりあえずスタンダードは押さえたい」といちご大福。
そして「変わり種も欲しい」とふるーつ大福を選びました。
(今年はとてもかわいい冊子が付いてる!)

開封と断面。
いちご大福はとてもやわらかいので切り方失敗しましたごめんなさい…。
味はとても美味しかったです。
実は僕はいちごってそんなに食べませんが、これはいくらでも食べられる気がする。
ふるーつ大福も「他のふるーつと生クリームが入るだけでこんなに違うのか!」という楽しさもあってやっぱり毎年食べたい。

こうして食べ比べると、「どうして苺生クリーム大福と苺ショートケーキ大福も買わなかったんだ!」と後悔します…ね。
ただ、↑の写真にあるように消費期限が2日間。
4つ買っても食べきれないし、多分また行くし他のお店も行く。
ので、また今度のお楽しみ。

金額的には栗きんとんと変わりなくて、でもバリエーションは栗きんとん以上の隠れた(隠れて欲しくない、もっと前に出て欲しい)和菓子。
それがいちご大福です。