「家にいる者=遊んでいる人」という概念を持つ夫と【専業主婦】の私

夫にカチンときた話
この記事は約3分で読めます。

「家にいる者=遊んでいる人」そういう概念を持つ夫です。

私が学校のPTA役員に当たってしまったときには、「お金を稼がない仕事は、もう既に仕事ではない。」と、学校側に抗議をしに行こうとしたほどです。

子供が3人もいれば、誰かが体調を悪くして数日休んだり、校内で怪我をしたからと早退をしたりします。我が家の場合、病弱な子や、持病を持っている子がおり、どの子も継続的に治療と経過観察が必要になります。

学校からは「お子さんのことでお話がありますので、学校に来ていただきたいのですが。」そんな電話は、しょっちゅうかかってきます。

何かあっても、車が無いので迎えに行ったり、預けることも出来ないので、末っ子の子育てが落ち着くまでは、学校が近い家にいなければいけません。

そんな時、「お前は、ずっと遊んでいられていいよね。こっちは仕事で忙しくて、寝る時間も無いんだ。お前も寝ないで仕事に行けや!仕事をいくつも掛け持ちしているヤツだって、世の中にはたくさんいる。早く仕事に行って、金を稼いでこいや。遊んでばっかりいやがって!」と旦那から言われました。

仕事を掛け持ちしている人…おそらく、これは私の友人の話でしょう。

友人は、ほぼ子育ては終わっていますし、車も買って自由に行動も仕事もできます。状況が違うことは無視で、全く理解はありません。

それだけでなく、今までの子育てや家事についても、完全に全否定でした。旦那の理論では、子どもが病弱なのは私のせいなのだそう…。二人の子供なのにと、さすがの私も泣いたことがたくさんありました。

仕事に行けるなら、とっくに行っているよ。どこかに遊びに行くこともないし、ママ友と外食ランチなんてしてるわけじゃない、買いたい物があっても、ずっと我慢してるんですけどね。

時間は、家事と子供の通院に使っているのよ。そもそも、パートでも、子供が急病なので休みます、といつも言われたら、雇用先も困るでしょ…

と、言いたい事はたくさんあるのですが、理不尽な旦那の歪んだ持論に、なにも言い返せないままです。

夫からのこの言葉は、一生、忘れられないです。

マムズ編集部からのコメント

あきれてしまいますね(´゚д゚`)/

主婦は給料がもらえなくても、家族への愛情だけで毎日家事や育児を担当しているのに…。こんなこといわれたら、残念すぎます。

旦那様は、家事と育児を料金を払って外注したらいくらかかるか知らないのでしょう(汗)
そんなに自分だけが働いていると思うなら、家事や育児を全部、外注した場合の費用を全部支払ってから言ってほしいですね。

そもそも「家事も育児も、お金を生み出している」労働だということになぜ気が付かないのでしょう?

外にお仕事としてお願いしたら、普通の人の給料では賄いきれないくらいの費用が掛かるのに、それを奥様がやってくれているなら、それだけの給料を奥様が稼いでいるのと同じです。

この考え方を理解できない男性がまだまだ多いようで、離婚率が高くなっている原因の一つではないかと私は思っています。

投稿者様の旦那様は、とても頑固にご自分の考えを主張される方のようで、大変そうですね。心中お察しします(;’∀’)/

旦那さんにカチンときた話はまだまだ募集中です。ぜひ投稿お待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました