中津川の情報サイトマムズ

完璧にできない自分を責められて…

0歳のときはとくにですが、我が子は結構手がかかるほうだったと思っています。

夜は1時間起き、昼夜問わず泣き通し、たちだっこ1時間してやっと寝る、置くと起きるなど、ノイローゼ気味になっていたと思います。

でも夫婦の関係がうまくいっていれば、ノイローゼも避けられるものだったと思ってしまいます。

一番理解してもらいたい夫から傷つく言葉を一回言われただけで気分はドッと落ち込み、自分が存在している理由すらわからなくなります。

私の場合は、夫が会社から帰ってきたときに「ごはんは?」「なんでこんなに家の中がきたないの?」など、完璧にこなせなかった家事に対して責められたことでした。

正直、育児だけでいっぱいいっぱいで、家事をする余裕がなく家の中もめちゃくちゃだったことは認めます。

なので反論もできませんでした。

でもそういうときは、自分のぼろぼろの様子から大変なのだと、察してほしかった、一言お疲れさまの言葉がほしかったなと思います。

それだけで180度気持ちは変われるし、理解してくれる夫がいると思うだけでも心強かったかもしれません。

<

マムズ編集部からのコメント

すごく気持ちがわかります。我が家の長男がそうでした。

夜泣きがひどく、幼稚園に入園するまで、2時間以上連続で眠れたことがないほどでした。

子供はみんなそういうものだと思って、覚悟し、次男を出産するとなんとぐっすり眠ってくれて、「あれ!?」と拍子抜けしたことを覚えています(笑)

そのため、ぐっすり眠る次男(赤ちゃん)の横で、3歳になる長男が毎晩何度も夜泣きをするという、不思議な現象を経験しました(汗)

今では笑い話ですが、当時は本当に子育てはつらいものだと感じ、悩んだり泣いたりしたことを覚えています。

スポンサードリンク

夫に言われたカチンなエピソード目次

スポンサードリンク

エピソード募集!

夫に言われたカチンな話はまだまだ募集しています。

LINEから気軽に投稿できるよ!

友だち追加