【城址】阿寺城

中津川市の代表的コア史跡である阿寺城へ行ってきました。
実は何年も前からずっと行ってみたかった場所。
岐阜の山城を語る上でも外せない場所のひとつです。
「岐阜の山城ベスト50」のような本にも必ず載ってる主要な城址。
ざっくりいうと織田信長の時代には存在し、その頃の戦いで落城したお城です。
後の苗木藩主にも繋がる苗木城城主も住んでいました。
(恵那市飯羽間城の主が→阿寺城→苗木城と移り住み、彼の息子が阿寺城最後の城主)

こちらは余湖くんのホームページに載っている城址のイラスト。
稜線を利用して区画整備し、背後を堀切という掘削で防御力を高めているのが阿寺城。

先ずは遠くから。
中津川市インターから根の上高原方面へ向かう手賀野地域が登り口。
照寿庵さん辺りからその輪郭が見えます。
左手にある稜線上にお城がありました。

入口はこちらから。
民家の左手にある細い道を進みます。
案外迷うのがこの入口。
何も知らないとただの民家の脇道。
城址中心部は現在御嶽神社となっているので、近隣住民の視線が気になったら「この先の御嶽神社へ行きたくて…」といえば大体分かっていただけます。
(ちなみにこういうコアな史跡はコアになるほど周りから見たら「なんでこんな場所に?」となるので必要に応じ事前準備やコミュニケーション力必須。僕は某所でイノシシ除けの電線を飛び越えてたことがある…)
まだ未確認ですが、年に1度その御嶽神社にて祭礼があるそうです。

道はきれいに整備されていて、入ってすぐにベンチと祠があります。
祠の文字は読めませんでした…。

道なりに進むとダムがあり、登って↓の鉄板を渡ります。
結構水面スレスレなので梅雨時や雨上がりだと怖いかもしれない。
ここまできたらもうひと踏ん張り。

阿寺城を調べると必ず出てくる言葉が「沢を渡る」
それがこれ。
未踏段階では結構不安を煽りますが、案外浅い。
御嶽神社を示す看板もあります。
大きな石もあるし、3歩で渡れる。
ただしこの先は急登なので落ちるの厳禁。
ぐしょぐしょの靴では色々とつらい。

渡ると本当に一気に急登となります。。
距離的には大したことないとはいえ、まあまあハード。
しかしここを頑張ればあとはお城の敷地内。
あとちょっと。
(ロープや黄色いテープで行く先も示されているとはいえ整備用の分岐もあります、ルート選びは慎重に)

そして念願の阿寺城入城!
復習的にもう一度余保くんのお城のページのイラストを。

下部の4番の右下から登ってきたところになります。
「コアな山城って何が楽しいの?」と言われることもありますが、個人的にはこの瞬間が一番楽しい。
山奥へ立ち入り立ち入り、急に建物の痕跡となる平面に出会うのは宝探しに感覚が似ている。
(歴史好きとしてはそれが立地や時代などを体感できる博物館のようなものであったりもします)

3番右下の石。
こう大きな石が通路を挟んでいる場合は門柱か何かの土台に利用されていた可能性もあります。
これが苗木城くらいの時期になると柱を固定するための窪みも生まれてくる。

3番上部の石たち。
何かに使われていたのかどうかは不明ですが、右奥には堀のような窪みもあり注目ポイントのひとつ。

ここでちょっと上の方にある平面に上がってみました。
本当に平面。
礎石のような痕跡はありませんが、空間的なものは体感できるのでこちらも必見。
恵那市の飯羽間城と比べるとここは隅々まで散策できるのが嬉しいところ。
(あちらは竹藪が強すぎるのもあるけど)

ようやく見えてくる中心部。
今は御嶽神社ともなっているので鳥居が建てられています。

中心部の御嶽神社。
当時はここにお城の本丸が建っていました。
枝切り作業中なのか、後ろには梯子もかけられてます。

阿寺城最後かつ最大のみどころが本丸背後の堀切。
尾根を横に掘って通路を断ち切る、地形を使った防御機構。
これが三重に掘られています。
結構深い。
これだけ厳重に守りを固めているということは、それだけ用心する何かがあったということです。
当時はこの後方から岩村に抜けて行く道もあったそうで、お城の背中にも当たるので用心に用心を重ねたのかもしれません。
(2枚目は深さの目安に自分のウィンドブレーカーをかけてます)

更に稜線を登ることもできますが、最終的には車道に出ました。
この稜線が当時の岩村へ続く街道だったのか整備用の道なのかは不明です。
先日アップした猿ガ城のことを考えてもどちらとも取れるため、正確なところは分かりません…。
入口となる手賀野地域に詳しい方がいるそうなので、機会を作って訪ねてみたいと思いました。

 

【和菓子】七福さんの『福もち』

中津川市や恵那市は様々な和菓子屋さんが昔からあり、七福さんはその代表格のひとつ。
「全国区じゃないけど地元じゃ有名」なキャッチコピーで有名なお店です。

その七福さんの特徴が「七福の日」
毎月7日限定で月替わりの和菓子のセットが700~800円弱のお得なお値段で販売されています。
要予約ではないけど本当にお得かつ数量限定なので予約がとてもおすすめ。
今回初めて七福の日を利用させてもらいましたが、結構早く売り切れてしまうみたいでした。
駐車場には係員さんもいたし、店員さんもいつも以上の配置。

5月の福もちは「福ぐり」
箱も福もち用の特別仕様。
基本的に和洋中なんでも食べられる人間ですが、わりとこういうの見ると日本好みだわーと思います。

開封。
今回は5個入りです。
通常販売分は10個入りからなので、手軽に食べたい時も便利。
生菓子って足早いですからね…。

そして中身。
結構ずっしりとしてます。
見た目はこしあん。
でも違うのです。

栗きんとんをあんこや小麦粉、米粉などを使った練り物で包んでます。
この練り物がなかなか不思議なもちもち感でとても美味しい。
こちらが5個入りで787円!
通常価格だと10個入りで3020円→5個で約1500円と思うと半額で買えてしまいます。
(5/23までなら20%オフでもうちょいお安いとはいえ、10個入りセットのみ)

購入時のちらし。
裏には来月分の福もちのお知らせもありました。
(そしてここまで書いてから練り物じゃなくて羊羹だと気付きました。確かに羊羹だ)
次は水無月。
こちらも美味しそう…。

コロナ禍もあり「おうち時間」が続いておりますが、ここぞとばかりにこうした地元の開拓も続けております。

【史跡(?)】猿ガ城

中津川市のお城といえば苗木城です。

が、あくまでそれは代表格。
コアな史跡・城址好き注目のお城も点在しています。
(あくまでコア向け。石垣どころか下手したら整備どころか看板すら無い藪の中とかの方)

中津川市の場合、コア向け代表格のひとつが阿木城と阿寺城。
どちらもよりディープに歴史を歩きたい方には遅かれ早かれ耳に入る名前です。

その阿寺城から地図的には南、根ノ上高原へ少しだけ登った地点に「猿ガ城」の看板があります。

これが本当に謎スポット。
写真の形状の看板はこの車道のあちこちで「豆落とし」「三の沢」などの地名を伝えているので何かしらの謂れがあるはずです。
が、「城」と付くのに一切の由来が不明。
図書館で色んな資料を調べても名前すら出てこず、市役所の地域観光課にも実は問い合わせたけどやっぱり不明という謎スポット。

とりま1回行ってみよう!と踏み込んでみました。

看板の向こうは林とはいえキレイに間伐。
この手のコア層向け城址は場合によっては藪をかき分けることもあるのでこれはありがたい。
(降りていくと路上から投げるには遠い地点にペットボトルなどが落ちていたので誰かしら散策した形跡はありそう)

某所でいただいた地形図と予測。
ディープな方々で2020年から流行ってる赤色立体地図。
これで地形や人の手が加わった痕跡を探すのが去年からごく一部で大ブームなのです。
1の地点が猿ガ城の推定値。
2は横堀という溝を使った防御機構…かな?ということらしいです。
地形図的に登山用ブーツのみで降りられるのはその辺りまで(実際そうだった)。
なのでまずは1まで降りてからの散策という工程。

というわけで、まずは猿ガ城推定値にて。
ある程度のスペースはあります。
「お城!」というより臨時の砦や戦の際に農民たちが逃げ込むようの場所にも思えます。
ちなみに恵那市には後者のために造られた「馬隠し砦」が残っています。それに似てる。

少し降りて横堀と思われる地点へ。
横堀というと凹型の形状になりますが、これは段々になってるので切岸と呼ばれる形状に近いかな…?
ただ本当に由来の不明な場所で、たまたまこうなってる可能性もなくはない。

そういえば猿ガ城推定値には思わせぶりな「境界」の石柱が横たわっていました。
ド真ん中過ぎて恐らく何かあったんだろうな…とは思えるけど看板などはないのでやっぱり不明。

ちなみに地図ではこの地点からすぐ北に阿寺城址もあります。
一部では有名ですが、実はまだ未踏。
こちらもまた機を見て攻めてみたいと思います。

【雑記】鯉のぼり

中津川市のひな祭りは旧暦で行うため、他よりひと月遅く4月3日です。

そんな4月上旬のある日、街中をジョギングしていたらあちこちに鯉のぼりが吊るされたり張られたりしてました。
こっちはこっちでひと月早い。

中津川宿には各地で鯉が張られてました。
結構立派なサイズ。

あちらにも。
こちらにも。
サイズやデザイン的に一斉に同じものを宿場内に張り出してるみたい。

こちらは川上屋さんなどがある手賀野地区。
花桃の咲く坂につりさげられた鯉たち。
この川沿いだけだったので個人でされてるのかどうかは不明でした。

にしても凄い数。
花桃(以外にもありそう)の数だけでも凄いのに、この鯉のぼり。

…というかどうしてまだ4月に入ったばかりなのに鯉のぼりなのかググってもよく分かりませんでした。
中津川市の中でも付知などの北部は昔盛んだった養蚕業の影響でお盆もズレていますが、そういうものもあるのでしょうか。

少なくとも2ヶ所で出している以上は地域的なものだとは思いますが、気になるので機会をうかがいつつ調べてみたいと思います(´ `)

【中津川市テイクアウト】坂下の初音食堂さんと新しいカフェTehu’sさんのお弁当

今月は中津川市の坂下町でテイクアウト攻めてます。
今回は坂下駅前の初音食堂さんと今年オープンしたばかりのカフェTefu’sさん。

初音食堂さん

坂下駅を出て左前に数十秒にある昔ながらの食堂です。
坂下には度々訪れているのに実はこのテイクアウト巡りで始めて知りました…。
店構えもいい感じに歴史を感じさせてくれます。
こういうお店大好きなんです。

入口には「今日の日替わりお弁当」も書かれてます。
通常メニューだけでなく、日替わりのものもあるのが嬉しい。
とはいえ初めてなので色々と期待してしまいます。

ネット上にお店のメニューが何もなく、あるのは今年始まったinstagramのみです。
ので、そこから定番かつ人気らしいオムライスと日替わりの豚生姜焼きを選択。
電話予約してからの突撃です。
(ちなみに電話予約時に今日の日替わりもお店から教えてくれます。フレンドリー)

オムライスはこちら。
なかなかかわいい佇まい。

断面図。
チキンライスの鶏肉が結構入ってます。
思ったより食べごたえもあって美味しい。

日替わりの豚生姜焼き。
定食屋さんならではの優しい味付けで大満足です。
(居酒屋さんだとこれが一気にビールの欲しくなる味になるのでテイクアウトのお店選びは気分で選んでます)

こういうお店で瓶ビール空けながらだらだらと飲み食いしたいですね…!

Tehu’sさん。

お次はこちら。
まだ今年オープンしたばかりの新人さん。
坂下神社の入り口手前辺りに現れる北欧っぽいお店。
しかし坂下はおしゃれなお店多いっすね…。
ギター制作会社まであるし。

お弁当はこちらも定番の唐揚げと日替わりが選べます。
この日の日替わりはアジフライでした。
そしてそのアジフライ、とても肉厚なのが2切れもはいってます。
炭水化物よりタンパク質の方が多いぞ…!

定番メニューの唐揚げ。
カフェらしい優し目な味付けなので女性にも食べやすそう。
そしてアジフライ弁当と比べるとメイン以外の副食も数点違います。
大抵メイン以外は同じなのに、これは凄い。

Tehu’sさんも初訪問でしたが、どうやらアルコールメニューもあるようです。
こういうところで飲むのも楽しそう。
(今回そればっか)

ちなみにちなみに、今月は「季節限定のいちごのロールケーキ」がありました。
2日前までの要予約メニュー。
直径15cm。
せっかくなのでこちらもお願いしました。

箱のシール的に同じ坂下町内のケーキショップオバタさんとのコラボメニューっぽいかな。
オバタさんも実はまだ未踏なので意図せず開拓してしまった。

ロールケーキ断面。
いちごもまるまると。
生クリームも甘さ控えめなので甘いものそこまで食べない僕でもこれは1本行けます(個人差あります)。
サイズ的にはカットして4人分くらい。

坂下はレコードショップ42さんや国道に出たとこにあるFREE BIRDさんなど、一時期よく通ったお店があるのでまた行きたいし、駅前もまだまだ未踏で美味しそうなお店をみかけたのでまた行きたいですね…(´ `)

【和菓子】手賀野の信玄堂さんがリニューアルオープン

中津川市の和菓子屋さんとしては老舗のひとつ信玄堂さんが移転しリニューアルオープンしました。
去年くらいから始まった青木の交差点(シャトレーゼの辺り)の工事にともない、少しだけ奥に移動して。

工事はまだまだ続いております。
最終的に中島豆腐さん辺りまで伸びていくらしく、令和3年3月現在信玄堂さんへは直通できません。
その前後の道路からぐるっと回って入っていきます。

こちらが新しい信玄堂さん。
オシャレになってる…!
モニュメントはやっぱり栗なのですね。

最近買ったのがこちらの品々。

まずは少し前の七福さんに引き続き、いちご大福
その名も「いちごミルク大福」
こちらはいちごが大粒。
写真を残したくてひとつだけ真っ二つにしましたが、その片割れだけでも結構なサイズ感。
いちご食べてる感が凄い。
大福ならではの皮の食感もありますが、この信玄堂さんの特徴は「いちご”ミルク”大福」という名前の通りの餡の白さ。
成分表示見たら生乳も入ってます。
しかしベースはあくまで白あん。
手亡豆という大豆らしいです。
なので「ミルク」と付いても味は和菓子です。
いちご大福の季節はこうしてお店ごとに餡の違いも楽しいですね。

お店の印章(↑)が読めない…。

また日を改めて食べた豆餅。
こちらも季節限定商品。
(ところでどうして豆餅って春の食べものなのでしょう…いちごはまだ分かる)

少し小ぶりながらももっちりとしていて美味しい。
お値段も130円と手ごろ。
しかし、シーズン商品なのと餅商品ならではの期限の短さ(=その日ごとの生産量の少なさ)からか出たばかりの頃はお店のオープン30分後には売り切れておりました…。
(実は別の日には和菓子屋の松葉さんでも似たような経験をしました)
そのため予約し改めて訪問しての入手。

コロナ禍もあり飲食店の開拓はテイクアウトに絞っておりますが、和菓子屋さんは四季を楽しみつつおうち時間を楽しめるのでここぞとばかりに攻め込んでおります。

実は去年くらいまで年に1~2回和菓子屋さんって某有名どころでかき氷や栗きんとんをイートインするくらいで、そこまで積極的には通っていませんでした。
ダガシカシここは和菓子屋さんの多い中津川市。
栗きんとん有名ですけど、それだけではないんですよね。
なんで今まで開拓しなかったのだ…と思いつつ色々と探っております。

【中津川市の地酒】はざま酒造とクラウドファンディング

中津川市にはいくつもの地酒があります。
そのひとつが中山道沿いのはざま酒造さんによる「恵那山」

はざま酒造さんはコロナ禍により、2020年の秋にクラウドファンディングが始まり目標の500,000円をはるかに超える2,676,000円(535%)の達成率となりました。

そのリターン品の「カヨイボトル」がこちら!
これ月イチで月替わりのお酒をいただけます。
しかもタダで。
単純にボトルとしても高性能で嬉しい。

ステンレス製なので保温性と強度は抜群。
知人は花粉症なのでそういうのに効果のあるハーブティー入れて持ち歩いていました。

近くの大鋸酒店でもお酒の量り売りはやっているし、詰めるのはお酒じゃなくてもいい。
でもお酒入れてソロキャンとか楽しそうだな。
やっぱお酒か。

こちらがそのはざま酒造さんの店構え。
「うだつ」も並びます。
(屋根の上の突き出した部分)
お酒も恵那山からの湧き水でつくられているのだそうです。

余談ですがはざま酒造さんの裏側の道(カフェholidayparkさんの前)には恵那山への標識もあります。
ここは中山道の宿場町なので、昔の方々はここから恵那山や恵那神社へ向かったそうで。
(~で、で締めるのは「夜明け前」オマージュです。あれは単純に文学として楽しいし文章が美麗)

店内には各種さまざまな「恵那山」が並びます。
実は初めて知ったのですが、日本酒の恵那山って色んな種類がある…。
清酒、吟醸、大吟醸だけじゃなかった。
因みに感染対策で試飲は中止中。
また解禁となったら是非酒蔵を拝見しつつ試飲をしてついでに買って帰りたいものです。

クラウドファンディングのリターンとしては12ヵ月間、カヨイボトルに月1で…とはいえ申し訳ないのと気になるお酒もあるので一緒に購入したのがこちら(写真右。揃い踏み)。
300ml瓶なら気兼ねなく買えるぞ…!

お陰さまで楽しい日本酒ライフを過ごせております。
個人的な味覚でいえば恵那山はちょっと甘めで飲みやすい方。

コロナ禍のためどこも大変ですが、こうして手の届く範囲だけでも後押しをしつつ自分も楽しめるのは良いなと思いました。

【和菓子】いちご大福の季節です!

中津川市の和菓子といえば栗きんとんです。

…が、この季節はいちご大福です。
文字通り、大福の中にいちごを投入した大胆な和菓子
旬のものを使うためか、1月中旬くらいから春にかけてしか出回りません
個人的に冬はこれを食べないと春を迎えられない。

…ので、買ってきました!

今回は中津川市市役所近くにある栗菓匠 七福さん
「全国区じゃないけど地元じゃ有名」のキャッチコピーで有名な七福さんです。
もちろん栗きんとんなどの和菓子もありますが、今回はいちご大福へ一直線。

お店には4種類のいちご大福が並んでいます
左からスタンダードないちご大福、苺生クリーム大福、苺ショートケーキ大福、ふるーつ大福。
栗きんとんと同じように…と言いたいのですが、いちご大福の場合クリームかカスタードかでまた違うので栗きんとん以上にお店の個性が分かれます。
しかもお店の中でもこうして数種類あるのでとても迷うやつ。

今回は「今年最初のいちご大福だしとりあえずスタンダードは押さえたい」といちご大福。
そして「変わり種も欲しい」とふるーつ大福を選びました。
(今年はとてもかわいい冊子が付いてる!)

開封と断面。
いちご大福はとてもやわらかいので切り方失敗しましたごめんなさい…。
味はとても美味しかったです。
実は僕はいちごってそんなに食べませんが、これはいくらでも食べられる気がする。
ふるーつ大福も「他のふるーつと生クリームが入るだけでこんなに違うのか!」という楽しさもあってやっぱり毎年食べたい。

こうして食べ比べると、「どうして苺生クリーム大福と苺ショートケーキ大福も買わなかったんだ!」と後悔します…ね。
ただ、↑の写真にあるように消費期限が2日間。
4つ買っても食べきれないし、多分また行くし他のお店も行く。
ので、また今度のお楽しみ。

金額的には栗きんとんと変わりなくて、でもバリエーションは栗きんとん以上の隠れた(隠れて欲しくない、もっと前に出て欲しい)和菓子。
それがいちご大福です。

【中津川市の新しいお店】餃子専門店 幸 -ko-さんで生餃子のテイクアウト

ずっと前から気になってました。
「中津川駅前に餃子専門店ができる」という噂…。

どうも駅向かって左側の元和菓子屋さんとこに入るらしい。
オープンは1月15日らしい。
気がついたらinstagramがオープンしていた(フォローした)。
テイクアウトも対応してるらしい。

で、予定を合う日を見計らって早速行ってきました!

店舗外観。
これでもかというくらい「餃子!」感を押し出しています。
美味しいお店って見た目で判断してしまうのだけど、ここは美味しいんだろうなって思いました。

入口外側(上の写真でいうと右側のアルコールスプレーのある棚)にはメニューが置いてあります。暖簾もあるので外からでもわりと気兼ねなくメニューも選べるし、テイクアウトの品も選べます。
向かって左側のスペースはテイクアウト用の待合スペースみたいでした。

こちらの左側は店内のドリンクメニュー。
個人的に嬉しい瓶ビールや呑兵衛ご用達のホッピーもある…!
意外と瓶ビールってないんですよね。
ホッピーも串カツのはな子さんとかではあるかなってくらい(ちなみにあそこもお気に入りのお店)。
唐揚げは味が思った以上に種類ある!
辛いのもあるので色んな需要に応えてくれそうです。

こちら(写真右)はテイクアウト用餃子。
家で焼く生餃子、5個で200円!安い!
この日は家で調理する日だったので、迷わずこちらにしました。
(浮いたお金で唐揚げも選んだのでプラマイゼロかどうかは…)

ちなみにテイクアウトの場合、生餃子はパックに詰めるだけだからかサッと出てきます。
唐揚げなどの調理が必要なものはお客さんの込み具合にもよりますが平均10分くらいとのこと。
状況に応じて予約するのが吉かもしれません。

バンバンジーの「おいしいぜ!」の誘惑には今回勝ちはしましたが餃子と唐揚げは美味しかったのでたぶん次は負けます。

お持ち帰りすると焼き方の説明書も付いてきます。
羽根の付け方も載ってます。
見た感じ、油引いて焼いて水入れて蒸して完成。
簡単そう(たぶん)。
注意するとしたら生餃子だからこその皮のやわらかさもあり、焼いてる最中に不安になって箸でつまむとやぶれる可能性があります(実行して体験済み)。

完成したのがこちら。
小麦粉は計量器の電池がなくて適当に大さじ1入れたけどまあまあできてる!すごい!俺すごい!
サイズは普通ですが、味は肉厚でなかなか美味しかったです。
これで200円なら600円分(15個)独りで食べて優勝したいくらい。
ただ、その分お店でちゃんと焼いてもらったのを食べなければいけないなと思いました。
できたらビールもセットで。

コロナ禍のためかどうかはともかく、お店で食べても美味しい。
テイクアウトし家で焼いても美味しいと二重に美味しいお店。
餃子以外のメニューも色々と気になるところです。

【中津川市テイクアウト】ヒビホド…さんの予約制お弁当

中津川市の人気カフェのひとつ、ヒビホド…さん。
この1月中旬に前日までの予約によるお弁当が始まり、ちょうど予定も合ったので予約しテイクアウトさせていただきました。

ヒビホド…さん外観。
最近は自宅を増改築してのカフェが多く、このお店もそのひとつです。
ジャパンレンタカーさんなどから前山川に登った先の住宅街にお店があります。

このユルいイラストもヒビホド…さんの魅力のひとち。

お弁当はこちら!
ヒビホド…さんでは名物の唐揚げと、ピリ辛チキンのお弁当。

中津川市は唐揚げのおいしいお店が多いです。
ここは特に美味しいお店のひとつ。
それが、こうしてテイクアウトで!

以前お店でランチをいただいた時に「肉はお酒に浸けてあるだけ」との会話が聞こえましたが、それでこんな美味しさ?柔らかさ!?と驚きます。
冷めても美味しい…!

もちろんコロナ禍の中だからこその試みでもあるので諸手を挙げて喜んだりはできません。
が、ヒビホド…さんは人気店で普段はなかなかお店に入れなかったりするのでここぞとばかりにいただきました。