iPhone13 Proで苗木城

久しぶりにスマホを変えました。
iPhone13Proです。
カメラがめっちゃいいやつ。

せっかくなので苗木城行ってきました。
近景も遠景も望遠も楽しめ、日本三大山城に匹敵する(と勝手に思ってるしそもそも内ひとつはお隣恵那市の岩村城!)お城。
日本のマチュピチュで検索すると案外この苗木城(や岩村城)がヒットします。

先ずは登城口序盤にある撮影スポットから。
マップでいう足軽長屋から見れます。
ここからだけでもう秘境のお城感満載。
しかし当時は要所かつこの辺では希少な大名のお城だったんですよ。

先へ進み、全景が見渡せるポイントへ。
もうここだけでも満足できるね。
苗木城の特徴のひとつが「複数の時代の石垣をパッと見で俯瞰できる」
詳しい人ならここからすでにその雰囲気が分かります。
分からない人はさっきの足軽長屋にあるパンフレットを入手しよう。
石垣のイロハが乗ってるので見比べると分かりやすい。

もう少し近づいてからのアングル。
下段と中段で石の組み方が違うのが分かりやすいです。
苗木城は頂上部からの眺めがよく取り上げられますが、お城が好きならここも見逃せない。
むしろここにくるならスルーしちゃいけない。
見切れてますが、右下の石垣は昭和期の積み替えか何かで当時の技法すっ飛ばして組み直してしまった形跡もあるという豆知識。
中津川市図書館でも借りられる苗木城の修理報告書(正式タイトル忘れましたが)によれば、昭和後期に補修のため石垣を積み直したら何故か昔の空き缶が発掘されたらしいです。
たぶん知らん間に積み替えが行われていたらしい…。

そして登ります。
ここからもiPhone13 Proさんの広角の威力をフル活用。
こちらは苗木城を日本のマチュピチュとして知らしめた大矢倉。

本丸。
この櫓、当時を再現するために当時と同じ位置に柱が設置しているのです。
近くで確認するととてもよく分かります。
あの大岩を削って柱の土台にしてる。
ちなみに苗木城の最重要地区とはいえ、当時のお殿様は儀式の日しかここは入らなかったようです。

最上部から。
苗木城に来たら一度は撮りたくなるポイント。
中央に流れるのは木曽川です。
近代ではあの川の向こうは尾張藩だったようで、つまり別の縄張り。
玉蔵の橋から眺める苗木城もまた別格で、季節によってはそこからや北側のしろやま大橋からの眺めもとてもいいのでおすすめです。

こちらは苗木城のコアスポットから。
↑のアングルからは中央下段くらいからの位置です。
馬をお米で洗ったという逸話の地点近くから登れますが身軽な方限定。
自己責任で。

話は変わり、個人的にお勧めしたいポイントのひとつが竹林。
山を管理する方々にとってはとても厄介なのも竹林ですが、見る側としてはとても趣があります。
ここ苗木城でも各地に生えてます。

の、先の、具体的には遠山資料館から先の右の奥にある新しい展望スポットから。
大々的には告知していないとはいえ、個人的には序盤に載せた足軽長屋以上。
ここから更に先に進むと付近のお寺の住職お墓があったり第3駐車場へ抜けたり氷室跡地にも近いけど、コア過ぎるので「山城」に慣れてからどうぞ。是非どうぞ。

富士見台高原と夕森公園キャンプ場、竜神の滝とか

11/7。

中津川市の公式twitter辺りから紅葉情報が流れるようになりました。
ちょうど仕事休みで、天気も良かったので富士見台高原と夕森公園をハシゴすることに。

まずは富士見台。
駐車場からは絶景まで徒歩10数分です。
が、駐車場までは麓から約30分。
中津川インターからは1時間強。
秋の紅葉シーズンは対向車も多く、道も狭く、上の方は阿智村側からのシャトルバスもあるという地味に難易度の高いのが富士見台。

それでも行く価値はありました。
(個人的に)定番の地点からの写真がこちら。
ここまで駐車場からゆっくり歩いても30分くらい。

こちらはさらに進んだ頂上地点。
なるべく人が入らないよう撮ってますが賑わってます。
服装的には軽めのウィンドブレーカーくらいがちょうど良さそう。

中津川市も見下ろせます。
たぶん市内で一番見晴らしのいい場所。

長野県方向は紅葉まっさかりでした。
東濃は個々であれど、広い面積となるとなかなかあそこまではないんですよね。
恵那市のサトノエキカフェさんある通りは結構凄いのですが。

そのままの勢いで中津川市川上、夕森キャンプ場へ。
ちなみに中津川市の川上って「かわうえ」と「かおれ」で別々の場所を差しているというややこしさが…。
地元の方々は慣れてますが、ナビでくる場合は要注意です。
上からみるとこんな感じ。
紅葉はこの時点ではまだまだマダラ。

とはいえ、場所によってはとてもフォトジェニック。
ああ、こんな地元にも場所ってあるんだなと感激できます。

季節を問わず楽しめる竜神の滝。
ここは散策路から、つり橋から、手前の崖から、そのさ先の橋からと、色んなアングルから眺められ、どれも見ごたえがあります。

ふらっとくるのなら竜神の滝まで。
時間と体力と応相談になるのがここから。
看板もあります。
次の「洞穴の滝」まで約2km。
徒歩30分。
もちろんずっと登り坂です。
さらに上には「ツジ滝」もあるのだとか。
とりあえず今回は銅穴の滝まで。

夕森公園は谷間に造られているため、陽の当たり方の影響なのか紅葉は場所によってマチマチです。
この日は銅穴の滝方向や分岐点からの帰路はちょうど見ごろでした。
↓は帰路の車道にて。
最高。

こちらは銅穴の滝少し手前の仮設トイレ。
フォトジェニックなバス停とトイレ。
(トイレ近くにはカモシカの慰霊塔や何かの鳥居、ヤシロもありました。未調査)

そして銅穴の滝。
ここも凄い。
ブラタモリででてきそうな圧力を感じる岩々と滝。
結構近寄れます。
(もちろん自己責任で)

富士見台からのハシゴのため、もう夕方手前。
この日はここで撤退しました。
更に進んだ地点にあるツジ滝も面白そうなので、また機会を狙いたいと思います。

付知峡と坂下の蕎麦の花

少し前にある方からCanonのKiss X7という一眼レフカメラをお譲りいただきました。
Canonにてメンテナンスをおこなってもらい、とりあえず付知峡と坂下椛の湖近くの蕎麦畑へ行ってきました。

まずは付知峡。
不動滝の名前でも親しまれています。

入口のトマトやラムネ(このころはまだ暖かかったのです)。

からの散策路。
これだけで雰囲気あります。
この日は緊急事態宣言の明けたばかりだからか、平日とはいえ駐車場はなかなかな混み具合でした。
人を避けつつ距離を取りつつさらに下へ下へ。

お目当ての不動滝。
紅葉はまだ先でしたが、ここは年中楽しいと思うのです。
時間帯によって光の差し方も変わるので朝と昼でも違う顔が見えます。

ちょっと戻ってつり橋を渡ります。
突き当りのここ、昔は登れたのですよ。
ちょっとクライミングに近くなるので今は難しいかもですが、いつか再開通して欲しいです。

たまにいる天然記念物。
逃げない。
本当に普通にいるので天然記念物だと大人になるまで知りませんでした。

つり橋その2から。
1人で歩いてもそれなりに揺れます。
カメラ落とさないかビクビクしながら。

今回は予定もあり急ぎ足だったのでこの辺りまで。
本当はもっと奥に行くとこの川の特徴である物凄い透明度を一面に見渡せるポイントまで行けます…また今度!

別の日に中津川市坂下、椛の湖キャンプ場の道路の反対側にある蕎麦畑へ。
因みに「椛」って「もみじ」や「かば」と読む漢字ですが、ここでは「はなのこ」と呼ばれています。

天気もよく、満開の蕎麦の花。
壮観です。
しかしカメラ下手なのでどこを中心に撮ったらいいか分からない。

また余談ですが、役所広司が出演した缶コーヒーBOSSのCMでこの風景が(合成で)使われたらしいです。

あちこちに飛んでるミツバチ。

帰りには国道を南下し、ついでに坂下の乙姫橋にも寄りました。
ここは隠れた名スポット。
このアングルと水と岩はもうちょっと有名になってもいいくらい。

中津川市は写真映え…というより見ごたえのある名所が多いので、地道にカメラを練習と勉強して撮っていきたいと思いました。

ヒビヒド…さんのテイクアウト、その2

皆大好きヒビホド…さんが夏の緊急事態宣言を受け、新たにテイクアウトを始めました。
(9月からはテイクアウトのみの営業に変更。詳細はお店のinstagramにて)

さっそく予約してみました。
実物がコチラ!

今回は「スパイス塩結び」とおかずが単品で別になっています。
おかずは定番かつイチオシのから揚げの他2品。
今回はサワラの南蛮漬けとふっくら鶏むね肉のバジルレモンソース和え。

ふっくら鶏むね肉のバジルレモンソース和え。
「ふっくら」と入れなくてもヒビホド…さんの鶏肉は何したらここまでなれるのというくらいふっくらなのですよ。
味も絶品。

こちらがサワラ。
ヒビホド…さんの魚料理は初めていただきます。
サワラもふっくら。
このお店はカフェならではのおしゃれ感もあるのに安心感もあるのが嬉しい。
通いたい。

すぱいす塩結び。
ナッツ系が入ってる感じでたまにカリっとします。
こちらだけでも美味しいしそれぞれ単品での購入は可能ですが、せっかくならセットで欲しくなってしまう。

しかも
すぱいす塩結び 150円
おかず 450円

セットで買ってもおひとつ600円。
破格過ぎる。
大丈夫ですか。
もう300円くらいなら出しますよ…と思ってしまいました。

から揚げ専門店 から助中津川店に行ってきました。

コメダ中津川店の隣に建てられていた小さな建物。
ずっと気になっていました。
後に「唐揚げのお店ができる」との噂が。

そしてオープンしたのが「から揚げ専門店 から助」
暫くは行列行列で電話予約しようにも当日分の予約も埋まってしまうほどらしくで、8月上旬のある日にやっと予約して行ってまいりました。

お店外観。
駐車場はコメダと共同ですが、なかなかの光量でコメダより目立つ…。笑
しかも結構車の通る道なのでクチコミでの広がりもすごそう。

ジャケ。
「オイチイデゴザル!!」という鶏が印象的。
メニューはいくつかありますが、この包装紙下部の丸で何が入ってるかも分かりやすい新設設計。

から揚げはウマ塩と醤油(たぶんニンニク醤油)の2種類。
から揚げ弁当は数によって3個480円、4個550円、5個650円(+ 消費税)。
双方が2切れ入った「あいもり」もあります。
こちらは4個入りと同じ550円。
お弁当は大盛り無料です。
男子高校生が喜びそう。

今回はあいもりとチキン南蛮弁当(680円)を選びました。
まずは定番のから揚げを食べたくてあいもり弁当。

…でかい!
一般的なから揚げの倍くらいはあります。
これが4つも入ってる(‘;’)
個人的にはから揚げ大好きなのでペロリと行けましたが、女性は結構ハードかもしれません。
男子高校生ならたぶん行ける。これが550円ってなかなかお得です。
その分野菜は添えるだけ程度な量ですが、から揚げ専門店です。
肉を食え。

こちらはチキン南蛮。
(タルタルソースは別の容器に入ってます)

から揚げとかチキン南蛮とかのお弁当は「ビールが欲しいな」って思うことはわりとあります。
が、こちらはテイクアウト専門なだけあってかそこまで味強くない。
あくまで食事寄りの味なので男子高校生じゃなくても大丈夫。たぶん。

その他にも手羽先やヤンニョムから揚げ(辛い)など、から揚げメニューが豊富なようです。
流石から揚げ専門店。
オープンは7月15日ですが、8月中旬になってもご飯時の行列が途切れません。
お値段も安心な範囲なので今後のテイクアウトの選択肢としては強烈なお店ができた感じがします…!

岐阜県中津川市のマチュピチュ苗木城

夜勤帰り、軽めの雨も降っていたので「ちょうどいいかな」と苗木城へ行ってきました。
苗木城は別名を霞ヶ城といい、雨上がりや小雨の日はその名前を堪能できるのです。

先ずは駐車場へ。
時期が時期なのもあり、手前の資料館には紫陽花も咲いていました。

駐車場から入口へ。
苗木城はこの車から降りてすぐの石垣がすでに雰囲気あります。

入ってすぐの足軽長屋から。
晴れてるとここが最初の絶景ポイント。
しかし今回は雨のためうっすらと見える程度。
先に進みます。

苗木城といえば巨石と石垣。
それが駐車場からの徒歩数分でお迎えしてくれます。
2メートル超えの巨石をわざわざ石垣で補強してあるのです。
こんなのがあちこちで見られるのが苗木城の特徴のひとつ。

こちらは本丸近くから。
どこ行っても巨石 × 石垣。
ここにお城ができたのは当時の立地や勢力図の結果だとは思いますが、それにしてもいい場所にいい感じの構造…。

そしてお城の全貌が見える地点へ。
苗木城の特徴のひとつが「パッと見で複数の時代の石垣が見られる」という点。
それがこの辺から。
(今回スマホのカメラなのでちょっと分かりにくいですが)
改修や積み直しの影響で一部近代の積み方も使われていますが、基本的に当時の積み方は継承されています。
(気になる方はお城入口などで入手できる苗木城パンフレットを開いてみよう!)

苗木城の中ではある意味天守よりも有名な大矢倉を近くから。
たぶん苗木城が日本のマチュピチュと言われるようになったのもこの大矢倉。

本丸へ上る途中からの大矢倉。
これはもう日本のマチュピチュ。
これだけ見たら日本の写真かどうかわからない人もいそう。

そして頂上の展望台へ。
今回見たかった景色のひとつ。
雨だからこそのこの霞具合。
晴れた日も気持ちがいいけど、雨の日もまた格別なのです。

実は久しぶり(2~3ヵ月ぶり)の苗木城訪問です。
駐車場手前から東にある高森神社辺りからの森が切り開かれ、苗木城への展望が良くなっていたのに気づいたのでそちらも寄ってみました。
で、撮れたのがこちら。
これはビュースポットとしては足軽長屋を超えるかも…!

こちらは苗木城から南にある玉蔵橋から。
ビュースポットのひとつでもあり、近くに合法的駐車場がないので難儀する場所でもあり…。
しかし、苗木城リピーターなら是非訪れたい場所。

と、今回はそんな感じでした。
実は定期的に訪れている場所なので、また何かあればアップしたいと思います。

【イベント】Vanとヌフのツキイチmarket

中津川市のカフェVanさんとお菓子工房オヤツヤヌフさんが毎月行っている「Vanとヌフのツキイチmarket」に行ってきました。
会場はVanさんです。
実はこのVanさんのロールケーキは絶品で大好きなのでとても楽しみにしておりました…!

というわけでテイクアウトしてきた「バスクチーズケーキとロールケーキ」
税込み2600円。
セットなのでホールケーキ1個分くらいのお値段で、気軽には買えないけどこれは本当に美味しいので機会があれば人に勧めてしまうほど大好き。
たまたま奥さんの誕生日を口実に買いにきており、そのことをお店の方に話したらその場でクッキーでHBDカードを作っていただけました。
すごい。

まずはバスクチーズケーキから。
(写っているコーヒーとカップは自宅のものです)
ロールケーキはなんどかあるけどチーズケーキは初めていただきます。
このVanさんのケーキは濃厚でいてくどくもなく、唯一無二な味。
しつこいくらいですが「市内でお勧めのケーキは?」と言われたら最初に名前の挙がるお店のひとつ。
(ただし現在はイベント限定の出品・出店となっています)

そしてお久しぶりですロールケーキさま!
ロールケーキなのにプリンみたいなほどよい弾力としっとり感。
ただしっとりしてるだけじゃなくて、食感も独特の柔らかさ。
本当に美味しい。

今回はケーキセットのみ購入してますが、タッグを組んでいるオヤツヤヌフさんのクッキーもとても美味しい。
ロゴにあるように小麦粉と牛乳未使用な優しい味。
予約すれば工房での直接購入、または中津川市や恵那市のカフェなどに卸されているのでそちらでも入手可能です。

それにしても、ヒビヒド…さんといいヌフさんといい市内のカフェやお菓子屋さんのセンスはただ可愛いだけじゃないテイストがあってとても楽しいです。

ちこり村さんのクラフトジン「NAKATSU GIN」

2021年春、ちこり村さんにてクラウドファンディングページが立ち上がりました。
テーマはクラフトジン。
お酒の「ジン」です。

ちこり村さんは施設内で焼酎を醸造しており、元々お酒には強い場所ではあります。
それが郡上八幡の醸造所まで勉強に行き、中津川市内やお隣長野県の果物生産者さんまで出向き…とかなりのガチに準備をし、発信したクラウドファンディング。

あっという間に目標の1,000,000円を達成したのがその春の話。

リターンのクラフトジンが届いたので早速いただきました!

箱とチラシ。
これ書いてる日時的にギリギリです。
もう明日発売です。

ラベル。
結構この地域では見られない攻めたデザイン。
奥さんに見せたら「どうした」と言われる勢い。

で、早速飲んでみました。
(因みに自分は普段安い焼酎をストレート飲みしてるので、お酒には強いけど舌は弱い)
ストレートだと結構キッツイです。
なんせ50度。
ラフロイグとかいける方なら美味しくいただけるかな、とも。
その他水割り、ロック、と色々試した上で見つけました個人的最強の組み合わせ。
それが炭酸割り。

今回のリターン品のジンは中津川市内のフカミファームさんの苺を使っています。
これが、炭酸で割ると一気に香りが広がる。
大抵の酒はストレートでいけますよって呑兵衛な僕でもこれは炭酸で割りたくなる。
(ちなみにこうやってわずかでも何かを入れて香りを嗜むのは「華開く」というそうです。中津川市のバーRondaのマスターさん談)
しかし炭酸割りの写真は残っていないので↓はロックです。
これはこれで美味しい。

今回のリターンには入っていませんが、長野県喬木村のタカギファームさんからのレモンやレモネードのジンも発売されるそうです。
そちらも楽しみ。
また、前からここで販売されているちこり焼酎やリターン品のフカミファームさんのジャムも後々味合わせていただきます…!
(ちこり焼酎はたまに呑んでます。ちこりの風味もキチンとあってとても美味しいのです)

【テイクアウト】ちこり村さんの野菜”マシ”サンドイッチ

自粛期間が続いています。
介護職のため、いまだなかなかラーメンすら気軽に食べに行けませんが、共働きなのでテイクアウトも利用します。
しかし野菜が足りなくなります。

そこで重宝するのがちこり村。
拝みたくなるレベルで利用させていただいております。
今回はそのちこり村のサンドイッチ。

商品名的には「卵」とか「ミックス」、あと「ヤサイ」もあったはずなのです。
しかし全部「ヤサイ」に見える。
なんだこの野菜の量。

アップにするとこんな感じです。
パンや商品名の具材よりもやっぱり野菜の量が多い。
もう野菜がメイン。
しかもどれ選んでもこれ。
野菜で具材を包んで、パンは添えるだけに見える。

定番のお弁当にもこんな野菜マシマシなのがありました。
これでほぼワンコイン。
テイクアウトや外食に頼らざるをえない世帯にとってはめっちゃありがたい…。
どうしても野菜足りなくなりますからね。

しかもこのちこり村は何買っても野菜がお土産としてもらえる。
量はその日によってバラ付があるとはいえ、大体発芽野菜やカットキャベツなどが最低3袋。
多い日は5袋くらいくる。
店内では野菜も売っているため、場合によっては「野菜を買ったのに野菜が貰えた」なんて日も。
どうかしてる(褒めてる)

それでいてこの春はクラフトジンのクラウドファンディングも立ち上げ、無事達成できたようです。
僕も支援させていただき、リターンのクラフトジンが先日届きました。
ここはちこり焼酎も美味しいので酒飲みにも嬉しいお店なのです。

ちなみにまだ未体験ですが、ランチで食べられる豚汁定食は豚汁のボリュームがとても凄いらしい…。
そういうのもいつか食べてみたいです。

 

【城址】阿寺城

中津川市の代表的コア史跡である阿寺城へ行ってきました。
実は何年も前からずっと行ってみたかった場所。
岐阜の山城を語る上でも外せない場所のひとつです。
「岐阜の山城ベスト50」のような本にも必ず載ってる主要な城址。
ざっくりいうと織田信長の時代には存在し、その頃の戦いで落城したお城です。
後の苗木藩主にも繋がる苗木城城主も住んでいました。
(恵那市飯羽間城の主が→阿寺城→苗木城と移り住み、彼の息子が阿寺城最後の城主)

こちらは余湖くんのホームページに載っている城址のイラスト。
稜線を利用して区画整備し、背後を堀切という掘削で防御力を高めているのが阿寺城。

先ずは遠くから。
中津川市インターから根の上高原方面へ向かう手賀野地域が登り口。
照寿庵さん辺りからその輪郭が見えます。
左手にある稜線上にお城がありました。

入口はこちらから。
民家の左手にある細い道を進みます。
案外迷うのがこの入口。
何も知らないとただの民家の脇道。
城址中心部は現在御嶽神社となっているので、近隣住民の視線が気になったら「この先の御嶽神社へ行きたくて…」といえば大体分かっていただけます。
(ちなみにこういうコアな史跡はコアになるほど周りから見たら「なんでこんな場所に?」となるので必要に応じ事前準備やコミュニケーション力必須。僕は某所でイノシシ除けの電線を飛び越えてたことがある…)
まだ未確認ですが、年に1度その御嶽神社にて祭礼があるそうです。

道はきれいに整備されていて、入ってすぐにベンチと祠があります。
祠の文字は読めませんでした…。

道なりに進むとダムがあり、登って↓の鉄板を渡ります。
結構水面スレスレなので梅雨時や雨上がりだと怖いかもしれない。
ここまできたらもうひと踏ん張り。

阿寺城を調べると必ず出てくる言葉が「沢を渡る」
それがこれ。
未踏段階では結構不安を煽りますが、案外浅い。
御嶽神社を示す看板もあります。
大きな石もあるし、3歩で渡れる。
ただしこの先は急登なので落ちるの厳禁。
ぐしょぐしょの靴では色々とつらい。

渡ると本当に一気に急登となります。。
距離的には大したことないとはいえ、まあまあハード。
しかしここを頑張ればあとはお城の敷地内。
あとちょっと。
(ロープや黄色いテープで行く先も示されているとはいえ整備用の分岐もあります、ルート選びは慎重に)

そして念願の阿寺城入城!
復習的にもう一度余保くんのお城のページのイラストを。

下部の4番の右下から登ってきたところになります。
「コアな山城って何が楽しいの?」と言われることもありますが、個人的にはこの瞬間が一番楽しい。
山奥へ立ち入り立ち入り、急に建物の痕跡となる平面に出会うのは宝探しに感覚が似ている。
(歴史好きとしてはそれが立地や時代などを体感できる博物館のようなものであったりもします)

3番右下の石。
こう大きな石が通路を挟んでいる場合は門柱か何かの土台に利用されていた可能性もあります。
これが苗木城くらいの時期になると柱を固定するための窪みも生まれてくる。

3番上部の石たち。
何かに使われていたのかどうかは不明ですが、右奥には堀のような窪みもあり注目ポイントのひとつ。

ここでちょっと上の方にある平面に上がってみました。
本当に平面。
礎石のような痕跡はありませんが、空間的なものは体感できるのでこちらも必見。
恵那市の飯羽間城と比べるとここは隅々まで散策できるのが嬉しいところ。
(あちらは竹藪が強すぎるのもあるけど)

ようやく見えてくる中心部。
今は御嶽神社ともなっているので鳥居が建てられています。

中心部の御嶽神社。
当時はここにお城の本丸が建っていました。
枝切り作業中なのか、後ろには梯子もかけられてます。

阿寺城最後かつ最大のみどころが本丸背後の堀切。
尾根を横に掘って通路を断ち切る、地形を使った防御機構。
これが三重に掘られています。
結構深い。
これだけ厳重に守りを固めているということは、それだけ用心する何かがあったということです。
当時はこの後方から岩村に抜けて行く道もあったそうで、お城の背中にも当たるので用心に用心を重ねたのかもしれません。
(2枚目は深さの目安に自分のウィンドブレーカーをかけてます)

更に稜線を登ることもできますが、最終的には車道に出ました。
この稜線が当時の岩村へ続く街道だったのか整備用の道なのかは不明です。
先日アップした猿ガ城のことを考えてもどちらとも取れるため、正確なところは分かりません…。
入口となる手賀野地域に詳しい方がいるそうなので、機会を作って訪ねてみたいと思いました。