中津川の情報サイトマムズ

子供の好き嫌いは悩んでも仕方ない

私は4歳の息子がいますが、好き嫌いが激しく大変苦労しました。

お菓子だったら何でも食べるけど、普段の食事は残してばかり。好んで食べるものと言えば、白米、軟らかく煮た野菜、麺類、ミンチ肉など口の中でごわごわしないものばかり。

薄切り肉とか魚とか生野菜とかたくさん食べてほしいなあと願うばかりでした。

それどころか、だんだんと知恵がついてくるうちにご飯中に立って歩き回ったり、ご飯を食べながらテレビを見たいと言い出したり、お菓子ばかり食べてご飯を食べるころにはもうおなか一杯。

そして夜寝る前になってお腹すいた…という悪循環。

ご飯を全部食べたらデザートの○○があるよ、と言っても通用しませんでした。

そこで面倒であっても100円ショップなどで購入できるピックやおにぎり型などを使って、見た目をかわいく見せる作戦を実行しました。

うちの子供はピックを使うのが楽しかったみたいで、食べる量がほんの少しだけ増えました。

またあえてお弁当箱に入れてあげて、自分で弁当箱の蓋を開ける楽しみを味わう機会を作ってあげたりなどの工夫もしました。

そうやって試行錯誤していくうちに子供は保育園入園。

毎日給食が出るのですが、周りのみんなが食べていることや、子供向けに食べやすく作られているということもあって、今まで食べなかった魚や肉、野菜もどんどん食べれるようになってきました。

日々の生活の中でもっと色々なものを食べてほしいなあと思ったり、幼稚園や保育園で食べるのかなあと心配したりすることがあると思いますが、集団生活をすることによって自然と食べられるようになるものだと思います。わが子がそうでした。

でも、幼稚園では食べるのに家では甘えて食べないことも多々あります…。

ので、時間があるときに、一緒に買い物に連れて行って「何が食べたい?」と子供に選ばせてあげています。そうすることで家での食事に興味が湧いてきて効果的でした。

幼稚園に入ったときのように、成長や環境の変化により、自然と食べられるようになると信じて、気長に食育中です。

スポンサードリンク

子育て経験談 目次

マムズ編集長の一言

私も子育てに悩んだ時期がありました。いえ、まだまだ子育て真っ最中です。

この先輩ママさんの経験談を読んでくれた、現在一人で悩んだり、迷ったりしている子育てママさんが少しでも、大丈夫って感じたり、同じ悩みを抱えてる先輩ママさんたちの解決法を参考にして子育てを楽しくしてくれたらと思います。

エピソード募集!

子育ての中で困ったことや悩んだこと、解決までのエピソードを募集します。

あなたの経験をこれからママさんになる人や、今子育てに悩んでいる人に向けて発信しませんか?

ぜひマムズ編集部までお寄せください。